鉄分不足が原因で起こる深刻な病気

鉄分不足が原因で起こる深刻な病気とは

鉄分不足と病気の関係を説明する医師

 

たかが鉄分、されど鉄分で鉄分不足が慢性化してしまっていると、様々な症状を引き起こしながら大きな病気を発症させてしまう恐れもあります。

鉄欠乏症貧血

鉄分不足で起こる代表的な病気としてあげられるのが、「鉄欠乏症貧血」です。食品やサプリメントから摂取した鉄は、胃酸で吸収しやすい形に変化して小腸から吸収されます。しかしながら、何かしらの原因によって吸収された鉄分が体内での正しい働きができなくなってしまうと鉄欠乏症が起こります。

 

鉄はヘモグロビンを作るサポートをしている大切な存在ですが、バランスが崩れてしまったことでヘモグロビン自体も減ってしまい、赤血球が小さくなってしまいます。すると、そこから小球性低色素性という鉄欠乏症貧血を引き起こすのです。貧血気味、もしくは貧血であるという方の9割以上は鉄欠乏性貧血だとされています。

むずむず脚症候群

足や手に虫がはっているような感じがしてしまう病気があります。これを一般的にはむずむず脚症候群と呼びますが、これも鉄分が不足していることで起こることが多い傾向にあります。

 

原因として挙げられるのは、鉄分不足によって神経の伝達に異常をきたしてしまうからです。特に妊娠中の女性は貧血の症状を訴えることがありますが、そういう方の中でむずむず脚症候群がみられる方も少なくありません。

爪の異常

大きな病気というわけではないですが、爪に何らかの異変があるときは身体に何かしらの症状が隠れているといわれています。爪がスプーン爪になっていたり巻き爪、二枚爪といった症状が出ていると、鉄分不足が疑えます。

 

必ずしも、これらの症状が鉄分不足から起こるというわけではありませんが、慢性的な鉄分不足は爪に異常を引き起こすことも少なくありません。

鉄分不足になりやすい方の傾向

  • 偏食気味
  • 月経に何かしらの異常がある
  • お茶はコーヒーなどカフェインを含んだ飲み物を一日にたくさん飲む
  • 過度な運動をしている

 

これらのなかに一つでも気になることがあったり当てはまる節があるという方は、鉄分不足になってしまっている可能性があります。

 

 

植物性食品と動物性食品の両方に鉄は含まれていますので、バランスよく食べるということが大切です。食品から補いきれないというときは、サプリメントを活用したりしながら、一日に必要と言われている鉄分の平均量である10〜12ミリグラムをしっかりと摂取していきましょう。

 

⇒鉄分サプリメントのおすすめランキングはこちら