貧血の症状が出たときに効果的な応急処置

貧血の症状が出たときに効果的な応急処置とは

貧血の応急処置を話す女医

女性を中心に悩まされる人も多い、貧血。一度症状が出てしまうと、1日2日で簡単に治せるものではないため、なかなか厄介なものです。また、症状によってはすぐに応急処置が必要な場合もあるため注意しなければなりません。

 

いざという時に少しでもつらい症状を軽減するためにも、誰でも実践できる応急処置は把握しておきたいもの。ここでは、貧血によるつらい症状が出た時にオススメな応急処置についてご紹介します。

とにかく少しでも症状を緩和させるためにできること

何だかフラフラする、めまいが酷い…貧血かも!?…と、感じたらまずは衣服を緩めることをオススメします。

 

シャツのボタンをきっちり上までしめている状態なら首元のボタンを外して少し余裕をもたせたり、ベルトを緩める、ズボンのボタンを外すなどしてとにかく体を締め付けている要因を出来る限り少なくしてみてください。

 

体の締め付けを少なくすることで、呼吸が楽になるはずです。そしたら、あとはゆっくり深くを意識して深呼吸してみましょう。気持ちをリラックスさせて深呼吸を繰り返すことで、症状の緩和が期待できます。

貧血で鼻血が出た!やってしまいがちな間違った対処法に注意しよう

人によっては、貧血の症状の1つとして鼻血が出てしまう場合もあります。鼻血が出ると余計に血液が失われてしまうわけですから、放置しておけばどんどん貧血を悪化させるので、すぐに止血しましょう。

 

さて、ここで鼻血を止める方法として、皆さんはどんな手段をイメージしましたか?もし、上を向いて鼻血が止まるまで待つ…という方法をイメージしたなら、それは間違った方法なので気を付けてください。

 

鼻血は垂れ流れてくるものなので、上を向けば簡単に止血ができるようなイメージがありますが、これは間違いです。上を向くことで、鼻血の血液が胃に流れ込んでしまいます。これは体に良くないとされているため、絶対に上を向かないようにしてください。

 

まずは鼻腔あたりを強く押さえ、椅子に座って安静にしつつ少し頭を下げます。できれば鼻腔周辺を濡れタオルや氷などを使って冷やすと血管が収縮し、早く止血しやすいです。冷やすものがない時はとにかく鼻腔を強く押さえて圧迫止血をしましょう。

 

万が一、止血処置をしても10分以上鼻血が止まらない場合は、すぐに病院で処置を受けてください。

貧血の症状を楽にする姿勢について

とにかく貧血の症状が辛くて仕方ない…そんなときは、できるだけ横になれる場所に移動して仰向けに寝転がりましょう。

 

この時、足を少し高い位置に置くことがポイントです。ふくらはぎの下に枕を挟んだりして、両足を少し高い位置にすることを心がけてみてください。こうすることで、足の血液が全身に戻りやすくなり、貧血の症状緩和を期待できます。

 

どうしても寝転がれる場所を確保できない場合は、椅子に座って頭を下げましょう。貧血の症状が酷い場合は、脳に十分な酸素が行き渡っていないケースが多いのです。頭を心臓より下の位置まで下げることで脳に血液が送られやすくなり、症状の緩和が期待できます。

 

貧血を起こしやすい人が普段から持っておくと便利なもの

貧血になると全身に十分な血液が行き渡りにくくなるため、特に毛細血管の多い手や足の先が冷たくなる傾向があります。この状態のままだと、どんどん血行が悪くなり、貧血の症状に拍車をかけてしまうことになるので、出来ればカイロなどで温めるようにすると良いでしょう。

 

特に冬など冷え込みが厳しい季節はカイロを必ず持ち歩いておくと便利です。少しでも手足が冷えて感覚がなくなってきたり、痺れてきたらすぐに温めるようにしましょう。これだけで、貧血の症状が悪化するのを防ぐことが出来るはずです。

 

いかがでしたか?いざ貧血の症状が現れてしまうと、そのつらさに滅入ってしまうものですが、このような応急処置の知識を身に付けておけば、少しでも症状を緩和させることができます。無理をして倒れてしまうなど、最悪な事態を防ぐためにも、応急処置の知識を頭に入れておくと良いでしょう。

 

⇒鉄分サプリメントのおすすめランキングはこちら