体がだるいのは鉄分不足が原因かも

体がだるいのは鉄分不足が原因かも

だるい男性

何となく体がだるい状態が続いている…。
疲れやすくて困っている…。
このような悩みを抱えていませんか?

 

きっと歳のせいだろう…なんて言葉で片付けてしまう人は少なくありません。でも、この悩み…もしかすると貧血が原因で起こっているのかもしれないのです。

 

ここでは、体のだるさと鉄分不足の関係についてお話していこうと思います。

中高年に多い体がだるい悩み

貧血というと女性を中心に多いもの。特に閉経前の女性や妊娠中の女性は注意しなければなりません。しかし、男性や閉経後の女性も必ずしも貧血にならないとは限らないのです。

 

なんとなくだるい、疲れやすい…。
そんな症状に悩まされていませんか?

 

その症状こそ、貧血によって起こっているのかもしれないです。貧血にも色々な種類が存在しますが、鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血が8割〜9割を占めています。

 

人間の体内では、血液中の赤血球に存在している「ヘモグロビン」という物質が体内に取り込まれた酸素と結びつき、血管を流れながら全身に酸素を供給しているのです。そして、このヘモグロビンの生成に必要なのが鉄分。

 

つまり、鉄分が不足するとヘモグロビンが生成される量が減少してしまうため、体内に取り込まれた酸素を上手く全身に供給できなくなります。その結果、体がだるい、疲れやすいなどの症状が現れるようになってしまうのです。

 

このような、体のだるさと疲れやすさは貧血の初期症状で、放置していればゆっくりと進行していき、他にも階段を登っただけで動悸や息切れがするようになります。これらの症状はゆっくり現れることと、特に中高年の男女に多いことから「歳のせいだろう…」と考えて放置してしまいがちです。

 

少しでもこのような症状が長く続いていたり、おかしいと思ったら鉄分不足を疑うようにしましょう。

中高年に多い鉄欠乏性貧血の原因とは?

閉経前、妊娠中の女性は貧血にならないように…と意識しやすいでしょう。

 

しかし、男性や閉経後の女性は「自分は貧血とは無縁だから大丈夫」と、過信しがちです。しかし、油断は禁物。中高年の男女が貧血になる原因として多いのが、「出血による鉄分不足」です。

 

例えば、子宮筋腫などの病気や消化性潰瘍、ガンなどが原因で、体内での出血が起こっていれば無意識のうちに鉄分不足に陥ります。他にも、切れ痔などで排便の度に出血している状態であれば、鉄分不足に陥りやすくなるので注意が必要です。

 

貧血の症状が妙に長く続いている気がする…という場合は、放置せず早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

貧血対策のためにもサプリメントを活用しよう

ついつい放置してしまいがちな貧血ですが、それではどんどん症状が悪化していき、生活に支障が出る可能性もあります。そうなるのを防ぐためにも、日頃からサプリメントで鉄分を補い、貧血を予防していくようにしましょう。

 

特に現代の日本は食の欧米化やレトルト食品などが普及していることもあって、栄養が偏りがちです。できればバランスの取れた食事を毎日心がけていきたいものですが、忙しい日々だとそれも難しいところ。そこで、注目されているのがサプリメントです。

 

サプリメントなら手軽に日々不足している栄養を補うことができます。サプリメントによっては鉄分だけでなく、他にも必要な栄養素が凝縮されているものもあるため、誰でも簡単に健康管理をしやすいのです。

 

いつまでも元気な体を維持するためにも、サプリメントを有効活用した健康生活を心がけてみてはいかがでしょうか?

 

⇒鉄分サプリメントのおすすめランキングはこちら