鉄欠乏性貧血の原因と症状

鉄欠乏性貧血の原因と症状は

医師

鉄分不足からくる鉄欠乏性貧血、その不足の原因は?

全体の貧血の約7割を占めているのが、鉄欠乏性貧血だといわれています。鉄欠乏性貧血は、その名の通り鉄分が不足していることで起こる貧血です。なりやすく治りやすいものの一つではありますが、様々な原因があることがわかっています。

 

その原因となるのがやはり、一日に必要な鉄分の摂取量が不足していることです。食生活が乱れ、食事が欧米化になってきていること、手軽に食べられる食品が増えてきていることから、鉄分を食事から摂取することが難しくなってきているのが大きな原因となっています。

 

さらに、消化器官の働きが低下していたり弱っていると、食品から取り入れた鉄分をうまく吸収することができなくなってしまうことがあるため、鉄分不足に陥ってしまうのです。

 

女性の場合、月経により出血が起こるため、鉄分が自然と排出されてしまいます。

 

10ミリリットルの出血があると5ミリグラムの鉄分が一緒に排出されてしまうとされていて、月経時に貧血になりやすかったりたちくらみやだるさが出るのはそのせいでもあります。

意外なところにも現れる、鉄欠乏性貧血の症状

鉄が不足するだけで、全身に貧血症状が現れることがわかっています。人の体には約4グラムくらいの鉄しか存在はしていないものの、その4グラムの鉄のほとんどは血液中に含まれています。血液に3分の2、あとの3分の1は肝臓や膵臓に蓄えられてます。

 

普通なら、食べ物から鉄を摂取することで排出される鉄分とのバランスを取ることができていますが、上記に挙げた原因によって鉄分が失われていくと蓄積していた鉄分を使って補います。

 

ですので、鉄分が少なくてもすぐに貧血の症状が現れることはないのですが、蓄えられている鉄がなくなってしまうと全身に貧血の症状が現れてきます。

 

主な貧血の症状は

  • ・スプーン爪
  • ・たちくらみ
  • ・舌の表面がつるつるになる
  • ・肌荒れや肌のかさつき
  • ・抜け毛が多くなる
  • ・口内炎などになりやすい
  • ・食べ物を飲み込みにくくなる
  • ・おせんべいなどのかたいものがたくさん食べたくなる etc...

 

もちろん、これらの症状が現れたからと言って必ずしも鉄欠乏性貧血というわけではありませんし、もしかするとそのほかの病気や疾病が隠れている恐れもあります。

 

普段と違った症状や身体の違いがあると感じたときは放っておかず、かかりつけ医に相談したり専門の医療機関を受診しましょう。鉄欠乏性貧血は、治りやすいものなので大きな心配はいりません

 

⇒鉄分サプリメントのおすすめランキングはこちら